スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年8月4日
MotoGP 第10戦 チェコGP 予選
場所:チェコ ブルノサーキット

チェコGPはイアンノーネ、リンスが揃って3列目グリッド
• イアンノーネは1ラップ、レースペース共に安定の速さを見せる
• リンスはFP4で流れを変え、Q1で2番手タイムをマークしてQ2入り
• ギントーリは怪我の痛みと戦いながらも順調にタイムアップ
土曜朝のFP3セッションは路面温度がタイムアタックに適した温度であったため、各ライダーがダイレクトQ2行きを賭けて激しい争いを展開。アンドレア・イアンノーネはセッションを通して常に5番手近辺をキープし、そのままQ2行きに。一方、アレックス・リンスはトップからわずか1秒差ながら、トップ10入りを逃す。

FP4セッションは、リンスにとってはQ1でフライングラップをマークするためのセットアップセッションとなり、すでにQ2入りを決めたイアンノーネにとっては、決勝に向けたセットアップとシミュレーションに集中するセッションとなった。イアンノーネは1セットのタイヤでセッションを完走。

Q1セッションではリンスが強烈なプッシュでドラマティックな展開を見せ、2番手タイムをマークしてQ2入りを獲得。ワイルドカードエントリーのシルバン・ギントーリは同セッションを11番手で終え、決勝グリッドは21番手となった。

Q2セッションの路面温度は51℃に達し、各ライダーがトップを何度も入れ替える激しい争いに。イアンノーネ、リンスは一時揃ってフロントローポジションを獲得したものの、終盤に他ライダーが次々タイムを上げてポジションダウンを強いられ、それぞれ8番手、9番手でセッションを終えた。


ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今日我々のチームはとてもポジティブな仕事ができたと思っています。特にFP4では、アンドレア、アレックス共に良いレースペースで走ることができたので、決勝に向けての準備は整っていると感じています。もちろん予選ではもう少し上位を狙っていましたが、とは言えふたり揃って3列目グリッドは決して悲観的なポジションではないでしょう。特にアレックスはQ1でのチャンスをうまく掴んで、最終的に9番手までポジションアップしたわけですからね。レースペースも悪くないので、3列目スタートに関して特に大きな問題はないと思っていますが、グリッドが後ろになるほど序盤の頑張りが必要になるので、とにかく序盤にうまくトップグループに加わり、そのまま最後までトップグループで争えることを願っています。昨日、今日のように気温が上がれば、レースはかなりタフなものになるでしょう。そしてまたシルバンも、先週の鈴鹿8耐で負った怪我の痛みと戦いながらも何人かのレギュラーライダーを超えるタイムを計測し、とても良い仕事をしてくれました。明日の3人の決勝での走りが楽しみです。」

アンドレア・イアンノーネ
「今日の予選は皆のラップタイムが僅差で、ほんとに厳しいセッションだったよ。でも僕らはこの週末、やるべきことをしっかりやってきているし、今のところかなり順調さ。FP4ではバイクのフィーリングも良く、安定したタイムで乗れたしね。決勝ではもうちょっとリアグリップが欲しいけど、コンスタントに走れているから大丈夫だろうと思っているよ。明日のウォームアップで改善できる策を試みて、あとは全開で攻めるのみさ。」

アレックス・リンス
「レースペースはかなり安定しているよ。FP4はハードのリアタイヤで安定したタイムで走れたから、明日の決勝も同じタイヤを使うつもりさ。バイクのフィーリングが良かったからQ1で思い切り攻めることができて、そのお陰でQ2にも行けた。3列目スタートはそんなに悪くないけど、とにかくスタートで失敗せず、序盤に前のライダー達をうまくかわしていかなくちゃいけないと思っているよ。フロントグループにいれたら、最後までついていける自信もある。とにかく明日は賢いレース運びが必要だね。」

シルバン・ギントーリ
「この週末、毎セッションごとに少しずつ進歩できていて、とてもポジティブな仕事ができているよ。予選では5人のレギュラーライダーより前のポジションを獲得できたし、ワイルドカードライダーの仕事としては悪くないと思っている。先週の鈴鹿8耐で転倒した怪我の痛みが和らがないので、今日FP3の後にクリニカで検査したら、肋骨が2本折れていることが発覚したんだ。でも痛みの原因が分かってホッとしたよ。決勝ではなんとか頑張るつもりだけど、痛みは覚悟するしかないね。それ以外のことは全て順調だし、明日の決勝が楽しみだよ。」

MotoGP 第10戦 チェコGP 予選結果
順位ゼッケンライダーチーム名タイムトップ差
14A・ドビツィオーゾDucati Team1'54.689-
246V・ロッシMovistar Yamaha MotoGP1'54.956+0.267
393M・マルケスRepsol Honda Team1'54.961+0.272
499J・ロレンソDucati Team1'55.038+0.349
535C・クラッチローLCR Honda CASTROL1'55.055+0.366
69D・ペトルッチAlma Pramac Racing1'55.203+0.514
75J・ザルコMonster Yamaha Tech 31'55.221+0.532
829アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTAR1'55.270+0.581
942アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTAR1'55.431+0.742
1026D・ペドロサRepsol Honda Team1'55.474+0.785
1153T・ラバットReale Avintia Racing1'55.686+0.997
1225M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGP1'55.823+1.134
1321F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDS1'56.029(Q1)
1419A・バウティスタAngel Nieto Team1'56.031(Q1)
1538B・スミスRed Bull KTM Factory Racing1'56.218(Q1)
1655H・シャーリンMonster Yamaha Tech 31'56.285(Q1)
1743J・ミラーAlma Pramac Racing1'56.316(Q1)
186S・ブラドルHRC Honda Team1'56.330(Q1)
1944P・エスパルガロRed Bull KTM Factory Racing1'56.353(Q1)
2030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSU1'56.512(Q1)
2150シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTAR1'57.037(Q1)
2212T・ルティEG 0,0 Marc VDS1'57.208(Q1)
2317K・アブラハムAngel Nieto Team1'57.217(Q1)
2441A・エスパルガロAprilia Racing Team Gresini1'57.250(Q1)
2545S・レディングAprilia Racing Team Gresini1'57.438(Q1)
2610X・シメオンReale Avintia Racing1'58.048(Q1)