スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年4月9日
MotoGP 第3戦 アメリカズGP 公式予選
場所:アメリカ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

ビニャーレス、アメリカズGPをセカンドロースタート
ROUND3
チームスズキエクスターライダーのマーベリック・ビニャーレス、アレイシ・エスパルガロは、アメリカ・テキサス州、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた2016 MotoGP第3戦アメリカGP予選において、それぞれ2列目と3列目グリッドを獲得。

マーベリック・ビニャーレスは、ここアメリカズGPでも開幕戦からの好調な流れを維持し、トップライダーの中で臆することなく、午前のフリー走行では安定したラップタイムを刻みながら、ストレートでQ2入り。Q2では更なるポジションアップを期待されるも、新品タイヤのセッティングが上手く決まらず、思わぬ苦戦を強いられることとなり2'04.247に留まり、5番手タイムで終了。アルゼンチンGP決勝における、イアンノーネ(ドゥカティ)のペナルティ行為によるグリッド降格を受け、明日の決勝は1ポジションアップの4番手スタートとなる。

一方、セッションを重ねる毎にセットアップを詰め、走りに自信を取り戻したアレイシ・エスパルガロは、午前のフリー走行ではトップ10タイムに僅かに届かず、ストレートQ2入りを逃したものの、果敢な走りでQ2進出を果たし、2'04.408で、3列目グリッドを獲得した。

ROUND3 ROUND3
ROUND3 ROUND3

マーベリック・ビニャーレス 予選5番手

「予選結果は悪くないが、トップとの差が1秒以上あり、内容には満足していない。フリー走行のフィーリングは良く、周回を重ねても安定したタイムで走る事ができたのだが、予選で新品タイヤを履いたら、全くフィーリングが変わってしまった。COTAは大好きなサーキットのひとつなので、フロントロー獲得を目標にしていただけに、とても残念だ。決勝に向けての解決策を見つけ、明日は思い通りの走りをしたい。」

アレイシ・エスパルガロ 予選9番手

「今年のGSX−RRの進歩を考えれば、9番手タイムで満足してはいけないと思うものの、今日の予選結果は、自分にとって、とても前向きなものであった。開幕からの2戦、何を試しても全く良いフィーリングを得ることができず、また、転倒も多かったせいで、かなり自信を喪失していた。今週は良いセッティングを見つけることができ、再び自分らしい走りを取り戻せたので、結果には納得している。久しぶりに、決勝が心から待ち遠しい思いだ。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー

「結果的になんとか形にはなったものの、明日に向けて解決するべき課題が沢山残っている。マーベリックの予選ポジションは決して悪くないものの、決勝で勝負するためには、まだまだ補うべき事が多い。アレイシは、シーズンオフテストから抱えていた様々な問題を着実に解決し、日々自信を取り戻しているので、決勝ではさらなるジャンプアップが期待できると思っている。」

公式予選結果
1M・マルケス(ホンダ)2'03.188
2J・ロレンソ(ヤマハ)2'03.257
3V・ロッシ(ヤマハ)2'03.644
4A・イアンノーネ(ドゥカティ)2'03.913
5マーベリック・ビニャーレス(スズキ)2'04.247
9アレイシ・エスパルガロ(スズキ)2'04.408