スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 全日本モトクロス選手権
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
2016 全日本モトクロス選手権
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本モトクロス選手権
2016年9月11日
全日本モトクロス選手権 第7戦 近畿大会
名阪スポーツランド(奈良県)

怪我を乗り越え小島庸平が両ヒート表彰台を獲得。熱田孝高は表彰台に及ばず総合5位
IA2竹中純矢は第1ヒートで2位表彰台を獲得、総合3位
ROUND7
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第7戦近畿大会は、奈良県山辺郡山添村の名阪スポーツランドで開催された。1カ月半に及んだ夏のインターバルを経て行われた大会。会場の名阪スポーツランドは固い岩盤の上に山砂が乗ったサンドコース。大会期間中は朝夕秋の気配が感じられるようになったとはいえ、土日とも好転に恵まれ気温も30度を超える残暑の中での戦いとなった。三重との県境に位置する会場は、中部、近畿両圏内からアクセスがしやすく、毎回大勢の観客が訪れる。今回も公式発表では土日合せて4722人の観客が訪れ、砂を巻き上げながらの激しいバトルを楽しんだ。

昨シーズン最高峰IA1クラスの初タイトルを獲得し、連破を目指す小島庸平とランキング2位の熱田孝高、IA2クラスに竹中純矢と昨年と3人体制を敷くTeam SUZUKI。エースの小島は前回東北大会で手の甲を骨折。完治には至っていないが土曜日の練習走行からトップタイムをマークするなど高い実力を見せつけた。一方、竹中は夏のインターバルにモトクロス世界選手権のベルギー、スイス大会にスポット参戦。モトクロスの本場で研鑽を積んできた。

ROUND7 ROUND7
ROUND7 ROUND7

IA1クラス第1ヒート。まずまずのスタートを決めた小島はオープニングラップを上手くクリアし3番手でコントロールラインを通過。手の怪我を抱え無理のできない状況で、先行する2台のトップ争いを冷静に観察していた小島は6周目に田中教世(カワサキ)をパスし2番手に浮上する。中盤以降しっかりとトップをフォローしチャンスを伺った小島は、勝負に持ち込むことこそ出来なかったものの、田中の反撃を退け、しっかりとこのポジションを守ってフィニッシュ。堂々の2位でフィニッシュし、前回ケガで失った表彰台を取り戻した。一方、オープニングラップ10番手から追い上げを開始した熱田は、序盤二つ順位を上げたもののここから思うようにタイムを上げることができず、単独8位のポジションでチェッカーを受けた。

IA1クラス第2ヒート。小島の鮮やかなホールショットでレースがスタート。オープニングラップ、ライバル成田 亮(ホンダ)の先行を許し2番手で戻ってきた小島は、前半7周目までこのポジションをキープ。しかしレースが中盤にさしかかると、小島はそれまでのペースを維持するのが厳しい状況になり8周目にひとつポジションを下げる。その小島の背後には、オープニングラップ6番手から順位を上げてきた熱田が徐々に接近。レース終盤、スパートをかけた熱田は小島の背後に迫るが、小島もしっかりと応戦し、チームメイト同士の表彰台バトルは小島が熱田を抑えてダブル表彰台を獲得。熱田は4位でフィニッシュした。

ROUND7
IA2クラス第1ヒート。予選で2度の転倒を喫し不利なグリッドからのスタートとなった竹中は、スタートで混戦に飲み込まれ1周目のコントロールラインを8番手で通過。すぐに追撃を開始した竹中は、前半確実に順位を上げて7周目に3番手まで浮上すると、後半、先行していた渡辺祐介(ヤマハ)が転倒した隙にこれをパスして2番手に浮上。背後からはポイントリーダーの能塚智寛(ホンダ)が迫るが、竹中はこの追撃を退け2位でフィニッシュし、第4戦第1ヒート以来となる表彰台登壇を果たした。

IA2クラス第2ヒート。アウト側の不利なスタートからなんとか混戦をくぐり抜けて6番手でオープニングラップをクリアした竹中は、2周目にひとつ順位を落としたもののそこから持ち直して前半は7番手をキープ。レース中盤の9周目、古賀太基(ホンダ)をパスして6番手とした竹中は、終盤先行していた横澤拓夢(ホンダ)を捉えると16周目にこれをパスし5番手に浮上。更なるポジションアップを図った竹中だったが、この時点で前のライダーとはかなりの差が開いており、竹中は5位のポジションをキープしてチェッカーを受けた。

ROUND7 ROUND7

小島庸平(IA1) 第1ヒート2位/第2ヒート3位 総合3位

「手の怪我を乗り越えるためにインターバルにやれることは全てやってきたつもりですが、レースがそんなには甘くないことは十分理解しているし、レースモードでの練習ができていなかったので、体力的に厳しかったですね。ただ、そんな状況で最低表彰台という目標は達成できたから、まぁまぁ上出来だったと思います。当然満足なんて出来ませんが、次のレースまでの3週間、レースで使える体力を取り戻して、残り4ヒート全部勝つことを目指す。それだけです。」

熱田孝高(IA1) 第1ヒート8位/第2ヒート4位 総合5位

「予選からスタートでギア抜けがあって出遅れてしまったんです。スタートで出ないとスペース的にパスすることが難しいコースで、ヒート1はなんとか前に出ようとしたら腕上がりを起こしてしまいました。それでヒート2の前にエンジンを交換してセッティングも変えて今度はいい感じで出れたんですが、あと一歩で2コーナーのところで接触。スタート勝負のコースであれがなければ表彰台まで行けたと思うんですが。次は大好きなオウヴィレなんで、気持ちを切り換えて、もちろんアタマを狙っていきます。今回は前に逃げられてしまったけど、次はそうさせないレースをします。」

竹中純矢(IA2) 第1ヒート2位/第2ヒート5位 総合3位

「夏のインターバルに世界選手権にチャレンジし、その成果を出そうと思っていたのに予選で2度転倒。1度目はホコリでバンクが落ちてるのが見えなかったんですが、2度目は自分の単純なミスで、もうホント自分にうんざりですね。結果、スタートは不利なアウト側のグリッドしか選べず、ヒート1は比較的前に上がれましたが、ヒート2は更にラインが限られた状態で、前のライダーをなかなか抜けなくて、トップ争いからは大きく遅れてしまいました。それでも世界で学んできたことの成果は出たと実感しています。次は地元でのレース。これまであまりいい結果を残せていないんですが、ひたすら練習してメンタルを含めより強くなって結果に繋げたいと思っています。」

渡辺 明 監督

「竹中は自分から率先してGPに出向いて、今回のヒート1ではトップ争いもできたし、確実に良くなっていると思います。ヒート2はイマイチでしたが、ああいう展開でもすぐに上に上がる瞬発力が必要ですね。小島はそれが出来ていて、手の骨にピンが入った状態でダントツのタイムを出して見せた。熱田も頑張ったと思います。ただ、追い上げて勝って見せるのが熱田本来の持ち味なのに、そのスピードがなかった。ポイントは厳しくなりましたが、タイトルを争う上で、例え勝てなくても最低2位には入るというのが重要。残り2戦、レースは最後まで何があるか分からないので、十分チャンスはあると思っています。」

IA1
レース1 レース2
1成田 亮(ホンダ)32:20.477
2小島 庸平(Team SUZUKI)+00:06.318
3田中 教世(カワサキ)+00:11.226
4新井 宏彰(カワサキ)+00:18.998
5安原 志(ヤマハ)+00:23.181
8熱田 孝高(Team SUZUKI)+00:54.214
1成田 亮(ホンダ)32:33.450
2田中 教世(カワサキ)+00:08.011
3小島 庸平(Team SUZUKI)+00:13.165
4熱田 孝高(Team SUZUKI)+00:14.239
5星野 裕(カワサキ)+00:19.885
6新井 宏彰(カワサキ)+00:29.453

POINT RANKING
1成田 亮(ホンダ)301pt
2新井 宏彰(カワサキ)254pt
3小島 庸平(Team SUZUKI)240pt
4熱田 孝高(Team SUZUKI)233pt
5星野 裕(カワサキ)183pt

IA1
レース1 レース2
1岡野 聖(ヤマハ)32:15.340
2竹中 純矢(Team SUZUKI)+00:02.584
3能塚 智寛(ホンダ)+00:05.847
4田中 雅己(ホンダ)+00:09.170
5池本 凌汰(SRM マウンテンライダーズ)+00:26.438
1岡野 聖(ヤマハ)32:07.504
2渡辺 祐介(ヤマハ)+00:07.704
3能塚 智寛(ホンダ)+00:11.582
4田中 雅己(ホンダ)+00:19.062
5竹中 純矢(Team SUZUKI)+00:31.707

POINT RANKING
1能塚 智寛(ホンダ)295pt
2岡野 聖(ヤマハ)284pt
3小川 孝平(ホンダ)228pt
4渡辺 祐介(ヤマハ)224pt
6竹中 純矢(Team SUZUKI)209pt