スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2015 MotoGP
モータースポーツファン感謝デー
プレシーズンテスト in カタール
プレシーズンテスト in カタール
プレシーズンテスト in カタール
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2015 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2015年8月9日
MotoGP 第10戦 インディアナポリスGP
場所:アメリカ インディアナポリス・モータースピードウェイ

試練のレースとなったインディアナポリスGP
ROUND10
アメリカ インディアナポリスで迎えたMotoGP第10戦。前日の公式予選では確実な手応えを得て、決勝レースでの上位獲得が期待されていたチームスズキエクスターだったが、アレイシ・エスパルガロ、マーベリック・ビニャーレスともに惜しくもトップ10入りを逃す結果となった。しかしながら、チームにとっては今後に向けて多くの経験と情報が得られた、有意義な週末となった。

ビニャーレスは11位フィニッシュで5ポイントを獲得、一方のエスパルガロは最後までマシンセッティングに悩むレースとなり、14位。チームとしても不本意な成績ではあるが、インディアナポリス特有とされる舗装路面とコースデザインに対する不慣れもあり、苦戦を強いられた。

決勝9番グリッドスタートのビニャーレスは、スタートに出遅れたために順位を落とし、追い上げを強いられる展開に。一方のエスパルガロは12番グリッドから巧みなスタートを決めると第1コーナーで10番手につけ、レース序盤はトップ10圏内を狙う。しかしながらエスパルガロのマシンのリア部にトラブルがありその後は攻撃的な走りができず、ラップタイムも落ちてしまう。代わってビニャーレスが良いペースで徐々に順位を上げ、最後はトップ10にはわずかに届かなかったが11位とした。

チームは、次週に第11戦が開催されるチェコのブルノへと向かう。

ROUND10 ROUND10
ROUND10 ROUND10

マーベリック・ビニャーレス

「スタートが上手くいきませんでした。初めてのことではないし、走りのペース自体はとても良かったので、まずはスタートを決めて前に出ることが重要なのですが、今回も後方からの追い上げを強いられました。Y・ヘルナンデスをパスした時はコンスタントに1分33秒台のタイムが出ていて、このペースなら10位か9位を狙えると思ったのですが、終盤にギアボックスに違和感が出てタイムが落ちました。順位はともかく、この週末は一貫して進歩があったので、内容的には満足しています。レースへの新たなアプローチの成果があり、レースのたびにトップとの差は縮んでいます。今回はミサノでのテストの成果も確認でき、GSX-RRを理解するためには、もっといろいろテストをしたいですね。マシンはとても優秀であり、これにシームレスギアボックスと少しのエンジンパワーが加わればもっと順位も上がると思います。チームとファクトリーを信頼して走っています。今回のような成績ではみんなもがっかりしていますが、もっと良い成績が出せるはずだと信じて全ての人が懸命に働いており、そのサポートに感謝しています。」

アレイシ・エスパルガロ

「最後までマシンセッティングが思うように決まらず、厳しい週末になりました。スタートが上手くいったのでそこですぐに順位を上げましたが、2~3周したあたりでリアエンドに違和感が出て、コーナーの侵入でリアがロックするような状況でした。エンジンブレーキを減らしても問題は解決しませんでした。レースが終わってみるとタイヤの摩耗がひどく、やはり何かトラブルが起こっているようでした。そのためラップタイムをキープすることは難しく、リタイアも考えましたがそれも危険でした。今回のレースにはがっかりですが、気持ちを入れ替えてブルノに向かいます。ここから直接ブルノへ飛ぶので、次のレースに集中できます。」

寺田 覚チームディレクター

「非常に厳しい週末でしたが、レースではこういう状況もあるとして、我々は常に前向きに取り組まなくてはいけません。アレイシは週末の間ずっとマシンの仕上がりに苦労していて、決勝ではコーナーの進入でリアタイヤに違和感が出てしまいました。現在詳しく原因を調べているところです。マーベリックは、よく頑張ったと思います。今回はレースペースを優先した新たな作戦で臨みましたが、これが良い方向に結びつきました。彼は、特にレース序盤の順位を改善する必要がありますが、ラップタイムのペースはかなり良いので、もっと良い結果を残せるはずです。今後もすべてのレースとテストを通じて経験を重ね、徐々に改良を進めながら、我慢強く改良のためのプランに取り組んでいきます。」

MotoGP
1M・マルケス(ホンダ)41'55.371
2J・ロレンソ(ヤマハ)+0.688
3V・ロッシ(ヤマハ)+5.966
11マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+39.010
14アレイシ・エスパルガロ(スズキ)+1'00.465

MotoGP
1V・ロッシ(ヤマハ)195pt
2J・ロレンソ(ヤマハ)186pt
3M・マルケス(ホンダ)139pt
10マーベリック・ビニャーレス(スズキ)62pt
12アレイシ・エスパルガロ(スズキ)46pt

MotoGP
1ヤマハ227pt
2ホンダ184pt
3ドゥカティ154pt
4スズキ75pt