スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2015 MotoGP
モータースポーツファン感謝デー
プレシーズンテスト in カタール
プレシーズンテスト in カタール
プレシーズンテスト in カタール
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2015 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2015年6月27日
MotoGP 第8戦 オランダGP
場所:オランダ アッセンTTサーキット

エスパルガロ、ビニャーレス共にトップ10フィニッシュ
ROUND8
6月27日、オランダのアッセンTTサーキットでモトGP第8戦の決勝レースがおこなわれ、チームスズキエクスターのアレイシ・エスパルガロが9位、マーベリック・ビニャーレスが10位と、共にトップ10入りを果たした。

チームと両ライダーはレースウィーク初日のフリープラクティスから念入りなマシンセットアップに取り組み、公式予選をエスパルガロ2位、ビニューレスは9位で通過。決勝レースでは、ミドルグループのライダーに囲まれ思うような走行ラインを走ることができず、苦戦する場面もあったが、両ライダーとも手堅いトップ10入りでチャンピオンシップポイントを加算、チームに今後に向けた貴重なデータをフィードバックした。

ROUND8 ROUND8
ROUND8 ROUND8

アレイシ・エスパルガロ

「今日のレースは不満が残りました。特にアッセンのようなタイトなコースでは加速力不足は問題です。スタート直後から順位を大きく落としてしまい、その後はずっとミドルグループの中で闘わなければなりませんでした。優れたシャシーのおかげで減速とコーナリングについては思い通りに走れますが、いざ加速となるとすべてが困難な状況でした。序盤からハイペースで攻めるつもりでしたが、レース中盤でトップに追いつくのは無理だと分かって手堅くポイントを取る方向に変えました。今回はレースウィークの始めから苦戦しながらも、公式予選で2位になり、決勝でも確実に結果を出すことができたことを誇りに思います。次のザクセンリンクでは、持てる実力を存分に発揮したいです。」

マーベリック・ビニャーレス

「タイムや順位は別としても、自分ではこれまでで一番良い走りができたと思います。カタルーニャでは、自分の前で多くのライダーが転倒したことで順位を上げましたが、今回は自分自身の実力でレースをした結果です。このコースは「ストップアンドゴー」が特徴で、1速から6速まで各ギアでの加速が必要ですが、どうしてもパワー不足に苦しむのは解っていました。それでも自分のレースペースが良く、ハンドリングとブレーキング、コーナリングの時はトップグループとの距離を詰めることができました。中団にのみ込まれない様に公式予選をもっと上位で通過して、決勝でも自分の理想のラインを確保することができれば上位を狙えるはず。ザクセンリンクは今回よりもフレンドリーなコースなので、頑張って好成績を目指します。」

寺田 覚チームディレクター

「アレイシが公式予選2位の好結果を出しましたが、決勝ではそれを生かすことができずに厳しい展開となりました。アッセンはエンジンパフォーマンスが問われるコースですが、トップグループについていけず、エスパルガロもビニャーレスも5番手から10番手の集団の中で苦戦を強いられました。加速力不足が現在の我々のウィークポイントであり、我々はライバルとのギャップを埋めるために開発を続けています。次戦のザクセンリンクはGSX-RRが得意とするハンドリングとコーナリングの多いコースなので、良い結果を目指したいです。マシンの改良は容易なことではありませんが、我々は常に未来に向かって全力で取り組んでいます。」

MotoGP
1V・ロッシ(ヤマハ)40'54.037
2M・マルケス(ホンダ)+1.242
3J・ロレンソ(ヤマハ)+14.576
9アレイシ・エスパルガロ(スズキ)+26.725
10マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+27.238

MotoGP
1V・ロッシ(ヤマハ)163pt
2J・ロレンソ(ヤマハ)153pt
3A・イアンノーネ(ドゥカティ)107pt
9マーベリック・ビニャーレス(スズキ)52pt
12アレイシ・エスパルガロ(スズキ)38pt

MotoGP
1ヤマハ191pt
2ホンダ134pt
3ドゥカティ132pt
4スズキ64pt