スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2015 全日本モトクロス選手権
ROUND1
ROUND2
RC
ROUND3
RCU
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
2015 全日本モトクロス選手権
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本モトクロス選手権
2015年10月4日
全日本モトクロス選手権 第9戦 オフロードヴィレッジ(埼玉県)

IA1チームメイト同士のタイトル争いは、小島庸平2位-4位、熱田孝高5位-7位で小島がついにランキングトップに浮上。決着は小島5ポイントリードで最終戦へ
IA2竹中純矢は第2ヒートで3位表彰台を獲得、ランキング2番手に再浮上。
ROUND9
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦関東大会は、埼玉県川越市のウエストポイント オフロードヴィレッジで開催された。関東大会は今季2戦が組まれており、同会場でのレースは春の第2戦以来となる。荒川の河川敷に設けられ会場のオフロードヴィレッジは、平坦な中に大小のジャンプとコーナーを組み合わせたトリッキーなレイアウトが特徴。コース幅が狭いためパッシングし難く、スタートが重要になる。大会期間中は土日とも秋本番の好天に恵まれ、強い日差しが照りつけたことから、決勝日の最高気温は27度まで上昇した。首都圏での開催、またシーズンも大詰めでタイトル争いも佳境となったことから公式発表で8200人のファンがコースサイドを取り囲むようにしてレースを楽しんだ。

IA1クラスでは、第1ヒートで小島庸平がスタートからトップ争いを繰り広げ2位表彰台を獲得。小島は第2ヒートを4位でまとめ総合3位と同ポイントの総合4位。一方ポイントランキング首位でこの大会に臨んだ熱田孝高は、持ち前の粘り強い走りと積極的なレース運びで小島と共にトップ争いに演じたが、ミスで順位を下げ総合6位。この結果熱田と小島はランキングが入れ代わり小島が今シーズン初めてポイントランキングのトップに浮上した。

ROUND9 ROUND9
ROUND9 ROUND9

IA1クラス第1ヒート、オープニングラップ2番手で戻ってきた小島は、2周目に小方 誠(ホンダ)をパスしトップに浮上。後半に入って追い上げてきた成田 亮(ホンダ)にトップを明け渡した小島だが、確実に2番手をキープしてチェッカーを受け今季10回目となる表彰台登壇を果たした。一方、スタートでやや出遅れ、前半5~6番手を走行していた熱田は、後半に入ると持ち前の粘り強さを発揮し、終盤3番手まで順位を上げるが、小島の背後に迫った直後に痛恨のエンストを犯してしまい6番手にポジションダウン。ラストラップに小方 誠(ホンダ)をパスした熱田は5位でフィニッシュした。

IA1クラス第2ヒート、好スタートを決めた熱田が2番手でオープニングラップをクリア。2周目先行する小方を捉えトップに浮上した熱田だったが、6周目に単独転倒。6番手に順位を落とした熱田は追撃を試みるが、後半にもミスを犯し7位でフィニッシュした。一方小島は、スタートでやや出遅れ7番手で1周目をクリア。前半確実に順位を上げ、6周目には熱田の転倒で5番手とした小島は、中盤更にひとつ順位を上げると、後半は手堅く4番手のポジションをキープしてチェッカー。この結果、小島は今大会総合4位となり、総合6位に甘んじた熱田に代わって、今シーズン初めてポイントランキングトップに浮上した。

ROUND9
IA2クラス第1ヒート、スタートで出遅れた竹中は、12番手で1周目のコントロールラインを通過し追い上げ開始。前半6番手まで順位を上げた竹中だが、中盤以降先行するライダーの背後に迫りながらもなかなかパッシングすることが出来ず、後半ひとつ順位を上げて5位でチェッカーを受けた。

IA2クラス第2ヒート、スタートが決まらずオープニングラップを11番で戻ってきた竹中は、序盤からアグレッシブな追い上げを見せると前半6番手まで順位を挽回。後半更に攻め続けた竹中は、16周目にランキング2番手を争う能塚智寛(カワサキ)をパスすると、終盤更にひとつ順位を上げ3位でフィニッシュ。今季8度目の表彰台登壇を果たした竹中は、大会総合2位でポイントランキングも能塚を抜いて2番手に浮上した。

ROUND9 ROUND9


小島庸平(IA1) 第1ヒート2位/第2ヒート4位、総合4位

「元々苦手なコースで、ヨッシー(熱田)はすごく乗れていたし、とにかく手堅く行こうと思っていました。ヒート1はスタートが決まってすぐにトップに立つことが出来た。ヒート2は出遅れて、ヨッシーがトップに上がったのでどこまで近づけるが我慢のレースになった。結果ヨッシーがミスしてからは前でゴールすることだけを考えた。ランキングはトップになったが、レースは最後まで何が起こるかわからない。最後まで気を引き締めて行くだけです。」

熱田孝高(IA1) 第1ヒート5位/第2ヒート7位 総合6位

「どうしようもないレース。ヒート1は3番手を走っていてエンストでポジションを落とした。ヒート2は別に緊張もなくていい感じだったが、このまま行けるなと思った直後にイージークラッシュ。そこからなかなかパッシング出来ずにまた転んだ。調子はいいし得意なコースだったのに歯車が噛み合いませんでしたね。でもまぁ、(小島)庸平とは僅差だし、最後に勝てばいい。次は前を走って決めます。」

竹中純矢(IA2) 第1ヒート5位/第2ヒート3位、総合2位

「このコースはスタートで前に出ないとキツいのは分かっていたんですが、ダメでしたね。ヒート1は能塚君を抜くのに苦労して、ミスして逆に抜かれてしまった。まぁ攻めた結果ではあるんですが・・・。ヒート2はもう行くしかないという気持ちで何とか抜いて、終盤2位が見えてスイッチを入れたんですが、追い付いただけで終わってしまいました。でも、久々に自分のいい走りが出来ていたので、あと1戦、この走りを続ければ勝負できると思っています。」

渡辺 明 監督

「チーム内でタイトルを争うという状況で臨んだわけですが、両者とも思い切って行けと話しました。二人の争いだがいろんなライダーがそこに絡む。その中でしっかりと自分の走りを出し切るしかないわけですから。そういう意味で二人とも精一杯やってくれたと思う。結果首位が入れ代わったが、それは二人が必至で走った結果。最終戦も思い切って自分の力を出し切って走ることが重要だと思います。竹中は、抜き難いコースで、スタートでトップに絡むことが出来ず上がってくるのが遅れるパターンになったが、タイムは悪くない。走りも良くなっているし、新しい走りのライン取りや抜くときの瞬発力など、自信が付けば更に上がってくるはず。ランキングは2位に上がったが、今年取り組んできた走りで、最終戦もしっかりと走り切ってもらいたい。」

IA1
レース1 レース2
1成田 亮(Team HRC)31:51.443
2小島 庸平(Team SUZUKI)+00:03.976
3星野 優位(SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS)+00:04.834
4新井 宏彰(K.R.T)+00:05.787
5熱田 孝高(Team SUZUKI)+00:09.762
1新井 宏彰(K.R.T)31:49.669
2成田 亮(Team HRC)+00:06.383
3星野 優位(SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS)+00:07.854
4小島 庸平(Team SUZUKI)+00:12.964
7熱田 孝高(Team SUZUKI)+00:19.093

POINT RANKING
1小島 庸平(Team SUZUKI)349pt
2熱田 孝高(Team SUZUKI)344pt
3成田 亮(Team HRC)330pt
4小方 誠(Team HRC)317pt
5新井 宏彰(K.R.T.)310pt

IA1
レース1 レース2
1富田 俊樹(Team HRC)32:16.455
2岡野 聖(フライングドルフィン サイセイ)+00:05.475
3渡辺 祐介(YAMALUBE RACING TEAM)+00:06.752
4小川 孝平(Team ITOMO)+00:07.907
5竹中 純矢(Team SUZUKI)+00:14.963
1富田 俊樹(Team HRC)31:55.815
2田中 雅己(TEAM ナカキホンダ)+00:08.092
3竹中 純矢(Team SUZUKI)+00:09.931
4能塚 智寛(グリーンクラブ&パーク神戸RT)+00:15.202
5大塚 豪太(T.E.SPORT)+00:16.614

POINT RANKING
1富田 俊樹(Team HRC)434pt
2竹中 純矢(Team SUZUKI)330pt
3能塚 智寛(グリーンクラブ&パーク神戸RT)329pt
4岡野 聖(フライングドルフィン サイセイ)272pt
5田中 雅己(TEAM ナカキホンダ)263pt