2004年10月より開始した、「二輪車リサイクル自主取組み」の2009年度(2009年4月~2010年3月)の実績報告をいたします。
 
二輪車国内メーカー4社、輸入業者12社の自主取組みにて構築、運営されている二輪車リサイクルシステムは、2009年度も引き続き順調に稼働しています。

二輪車リサイクルシステムの運用状況

 
スズキの2009年度取組み実績として、リサイクルマーク貼付車両の出荷、使用済み二輪車引取台数、再資源化率を報告します。

( 1 ) リサイクルマーク貼付車両の出荷

2009年度に生産し、日本国内の販売向けに出荷された、全ての車両にリサイクルマークを貼付しました。

( 2 ) 引取台数

指定引取窓口で引き取られた、使用済み二輪車の台数は441台となりました。

二輪車リサイクルシステムの運用状況

( 3 ) 再資源化割合
処理・再資源化施設14個所にて、カテゴリー毎の処理実績に基づき算出した再資源化割合は、スクーター系(ビジネスを含む)のリサイクル率86.8%、モーターサイクル系89.4%となり、加重平均すると87.4%となっています。
 
二輪車ユーザーが安心して、処理・再資源化を任せられるリサイクルシステムとして、更に認知度を高め、資源の有効活用に繋げていくために下記2項目を重点的に進めてまいります。
 
( 1 ) 展示会等を通じての告知活動の推進
取引販売店の店頭、幅広いユーザーに向けた各種イベント、展示会等を通じて利用促進の呼び掛けを展開してまいります。
( 2 ) 廃棄二輪車取扱店からの周知活動
ユーザーの窓口である廃棄二輪車取扱店の協力を得て、システムの周知徹底と利用促進に努めます。