GSX-R125 ABS

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

軽量な多機能インストルメントパネル

フル液晶ディスプレイを装備し、視認性の高い現代的なコクピットを採用。ディスプレイ横にはターンシグナルインジケーター、ニュートラルインジケーター、ハイビームインジケーター、水温警告灯、エンジン警告灯、ABS警告灯に加えて、ライダーの好みに応じて任意の回転数で点灯または点滅するエンジンRPMインジケーターを搭載。また、液晶ディスプレイ内にはバー表示のタコメーターとデジタルスピードメーター、オドメーター、どのギヤに入っているかひと目でわかるギヤポジションインジケーター、デュアルトリップメーターと各トリップメーターにリンクし、通勤やツーリングなどの使用方法にあわせて使い分けることができる平均燃費計、オイル交換時期を知らせるオイルチェンジインジケーター、燃料計、時計が配置されている。
※写真は説明用にすべてを点灯させて表示してあります。

スズキイージースタートシステム

ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。スタートボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める。

シャッター付キーシリンダー

鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、シャッター付キーシリンダーを装備し、鍵穴をしっかりガード。メインキーに付属する専用マグネットを使用しワンプッシュでシャッターを開け、シャッターレバーを押すとシャッターが閉じる。これにより、手袋を着用しても簡単に開閉することが可能となる。

アルミキャストホイール

スポーティな外観をもつ10本スポークアルミキャストホイールを採用。ダンロップ製D102タイヤを装着し、高い安定性と軽快なハンドリングを両立。

ABSとペタルタイプディスクブレーキ

ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備。軽量コンパクトなABSは、最新の制御ユニットを採用。ABSは前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定の範囲内で防ぐ機構である。車体速度に対して車輪速度が落ちた状態を検知すると、ABSユニットでブレーキ圧の保持と減圧を自動的に繰り返し車輪のロックを回避し、車輪速度が車体速度に近づくと徐々にブレーキ圧の増圧を行なう。これを繰り返し制御することにより、車輪をロックさせず効率良く減速することを可能としている。スポーティな足回りを印象づける花弁型のペタルタイプブレーキディスクを装備。フロント直径290mm、リア直径187mmのディスク径を採用し、優れた制動力を発揮する。
*ABSは制動距離を縮めるものではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

GSX-Rのパフォーマンス

GSX-Rの名に相応しい、エンジンと車体のパッケージングは、
信頼性と、扱いやすさ、そしてトータルパフォーマンスが高い次元で融合する。
GSX-R125 ABSは、多くのライダーにスポーツバイクの楽しさを提供する。

/motor/