Vストローム650XT ABS / Vストローム650 ABS

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

受け継がれる血統

DR-BIGのDNAから継承されるスタイリングイメージ。
都会を離れ、峠を越え、様々な境界を超える。
新たなる冒険心が湧いてくる。

※掲載のV-Strom650XT ABSの写真は、用品(別売り)装着車です。【アクセサリーバー】

スズキ初のスポーツアドベンチャーツアラーDR-BIGから脈々と受け継がれる血統。スズキ伝統のスタイリングイメージを継承し、さらに進化を遂げた。

Solid & Smart

デザインコンセプトは「Solid & Smart」。硬質でカタマリ感のある力強さを持ちながら、都市の景観にもなじむシンプルかつ、タフでスタイリッシュなデザインを表現。V-Stromシリーズとしてスタイリングイメージを共通化することで、V-Stromブランドを一元化。スズキ伝統のスタイリングイメージを継承した車両先端からタンク上部まで切れ目なくつながるシャープなラインは、DR-BIGのDNAをより具体的に表現。スズキのアドベンチャーモデルとしてのアイデンティティと伝統をライダーに感じさせるデザインとなった。車体色は新たに「チャンピオンイエローNo.2」を設定。スズキのオフロードレースシーンを連想させるカラーリングは、スズキならではのチャレンジングスピリットを強調する。

V-Strom650XT ABSの装備

V-Strom650XT ABSには、アドベンチャーイメージを高めるエンジンアンダーカウルと手元への風を防ぎ、雨中や冬季は特に高い快適性を提供してくれるナックルカバーを標準装備。ホイールは、チューブレスタイプのワイヤースポークホイールを採用し、しなやかな乗り心地と軽快なハンドリングを両立している。また、車体色チャンピオンイエローNo.2にはゴールドアルマイトのリムを採用。専用設計されたブリヂストン製BATTLAX ADVENTURE A40を採用し、優れた安定性、耐久性を発揮。

ヘッドライト、テールライト

新たにV-Strom1000と共通のヘッドライトとテールライトを採用。上下2灯式となったヘッドライトは、軽量・コンパクトでスタイリングのスリム化に貢献しながらも、これまでの左右2灯式と同等の明るさを確保している。また、ハイビーム点灯時にはロービームも同時点灯するため、幅広い配光特性を誇る。テールライトもV-Strom1000と共通のLEDタイプを採用。

スリムなフューエルタンク

低燃費と合わせて長い航続距離を実現する容量20Lのフューエルタンクは、容量はそのままにスリムな形状とした。前モデルに採用されていた樹脂製タンクカバーを廃止しスリム化。また、サイドカバーの形状も見直しスリムにすることで、足つき性を向上させている。

快適という性能

高いパフォーマンスを発揮する走り。
しなやかに、そして力強く走破するゆるぎないクオリティ。
それは、走れば走るほど、スポーツアドベンチャーツアラーにふさわしい快適さを実感する。

※掲載のV-Strom650XT ABSの写真は、用品(別売り)装着車です。
【トップケース、トップケースアダプター、サイドケース、サイドケースブラケット、ツーリングスクリーン、アクセサリーバー、LEDフォグランプセット、チェーンガード、センタースタンド】

サスペンション

正立式フロントフォークは、快適な長距離走行からワインディングのスポーティな走りにも対応する。剛性感とスムーズな作動フィーリングを両立したリヤサスペンションは、路面追従性の高いリンク式モノショックを採用。無段階調整の伸び側ダンピングアジャスターを装備。さらに、パッセンジャー乗車時や大きな荷物の積載時にスプリングプリロードを最適にする、工具不要の油圧式プリロードアジャスターを装備している。

ホイール

V-Strom650 ABSは、10本スポークの軽量キャストホイールを新採用(V-Strom650XT ABSはワイヤースポークホイール)。10本スポークは、V-Strom1000 ABSと共通イメージとすることでスポーティさを演出している。ホイールサイズは、フロント19インチ、リヤ17インチを採用。安定感と俊敏性を両立したハンドリングを実現する。

ウインドスクリーン

ウインドスクリーンは従来モデルよりも垂直方向に9mm高くなり、上半身への風の巻き込みを低減するなど、ライダーに当たる風をコントロール。走行風が当たる部分と当たらない部分の境界線をぼかすことでライダーに適度な風を当て、結果としてライダーは自然な走行風を感じることができる。また、姿勢変化もしやすく快適性を向上させている。さらに、4本のボルトによる上下3段階の調整が可能。

快適なシート

走行時の着座部分は十分な面積を確保し、長距離ライディングも快適にこなせる。停車時に足を降ろす部分はスリムな形状とし、スリムになったサイドカバーとともに良好な足つき性を確保。また、パッセンジャーにも広い座面を確保し、タンデムライディングにおいても、パッセンジャーの快適性に貢献する。

DCソケット

メーターパネル下に便利な12VのDCソケットを標準装備している。

アルミ製ダイヤモンドフレーム

アルミ製ダイヤモンドフレームとスイングアームを採用。軽量でありながら高い剛性を確保し、スムーズでパワフルなエンジンと合わせて、様々なシーンにおいて軽快なハンドリングと操縦安定性を提供する。

/motor/