Vストローム1000XT ABS / Vストローム1000 ABS

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

Vツインの溢れるパワー

軽量スリムなVツインエンジンは、様々なシーンで高いパフォーマンスを発揮する。
1,036cm3エンジンが発生させるトルクとパワーは、心を揺さぶるエキサイティングな走りを生み、荷物満載のタンデムツーリングでは強力な味方となる。
求めていたものがここにある。

V-Strom1000ABS

水冷DOHC 1,036cm3 90度Vツインエンジン

4ストローク水冷DOHC 1,036cm3 90度Vツインエンジンが、パワーに満ちた快適なライディングを提供。ビッグツインならではの全域における力強いトルクフィールは、タンデムライディングや、たっぷりの荷物を積載しての長距離走行など、様々なツーリングシーンで魅力的かつ余裕のあるライディングを提供する。8,000rpmで発生する73kW〈99PS〉の最高出力はエキサイティングな走りを約束。
また、最適な慣性質量を確保したマグネトにより、わずか4,000rpmで100 N・m〈10.2 kgf・m〉の最大トルクを発生し、使用頻度の高い回転域で常に潤沢な動力を発生し、低回転域での扱いやすいパフォーマンスを提供している。なお、高度なFI制御と様々なメカニカルロス低減により低燃費を誇り、平成28年国内排出ガス規制に対応。
※エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。

ローRPMアシスト

発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御するローRPMアシスト機能を新たに採用。発進時のエンジン回転の落ち込みが緩和され、スムーズな発進を実現。また渋滞時の低速走行や、Uターンの際もエンジンの回転の落ち込みを感じにくく安心感が得られる。

クラッチシステム

クラッチは、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキを和らげる機構を搭載。リヤタイヤのホッピングを抑制し、シフトダウン時の安定感に貢献する。

エキゾーストシステム、環境性能

スズキ独自のSuzuki Exhaust Tuning(SET)は、エンジンの回転数に従ってエキゾーストパイプ内のバタフライバルブを開閉し、低速回転域での排気パルス効果を最大限に引き出し、トルクフルで快適な走りを提供。エキゾーストパイプ内には、新たに2個のキャタライザーを縦に配置し排出ガスの浄化効率を追求、平成28年国内排出ガス規制に対応している。

スズキイージースタートシステム

ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステムを新たに装備。スターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める。

エンジンマネージメント

オープンタイプレクチファイアを採用。マグネトが必要最低限の発電をおこなうため、メカニカルロスを低減すると共に低速回転時のコントロール性をアップ。低中速でのパワフルな走りに貢献する。32ビット高速処理のECM(Engine Control Module)が緻密なエンジンマネージメントをおこない、シングルマフラーに適応した点火時期、燃料噴射制御をコントロール。俊敏なスロットルレスポンスを提供する。

受け継がれる血統

DR-BIGのDNAから継承されるスタイリングイメージ。
都会を離れ、峠を越え、様々な境界を超える。
新たなる冒険心が湧いてくる。

※掲載のV-Strom1000ABSの写真は、全て用品(別売り)装着車です。
【トップケース、トップケースアダプター、サイドケース、サイドケースブラケット、ツーリングスクリーン、アクセサリーバー、LEDフォグランプセット、チェーンガード、センタースタンド】

スズキ初のスポーツアドベンチャーツアラーDR-BIGから脈々と受け継がれる血統。
スズキ伝統のスタイリングイメージを継承し、さらに進化を遂げた。

Wild & Smart + Tough Gear

V-Strom1000 ABS、V-Strom1000XT ABSのデザインコンセプトである「Wild & Smart」に「Tough Gear」をプラス。スタイリングデザインをアップデートするとともに、V-Stromシリーズとしてスタイリングデザインを共通化することで、V-Stromブランドを一元化。スズキ伝統のスタイリングイメージを継承し、車両先端からタンク上部まで切れ目なくつながるシャープなラインはDR-BIGのDNAをより具体的に表現。スズキとしてのアイデンティティと伝統をライダーに感じさせるデザインとなった。シートからリアキャリアへとつながるフラットなデザインとし、従来モデルのデザインを踏襲。車体色は新たに「チャンピオンイエローNo.2」を設定。スズキのオフロードレースシーンを連想させるカラーリングは、スズキならではのチャレンジスピリットを強調する。

V-Strom1000XT ABSの標準装備

V-Strom1000XT ABSにはワイヤースポークホイールと堅牢なイメージのテーパーハンドルを標準装備。

サスペンション・ホイール

フロント19インチ、リヤ17インチのホイールサイズを装備。V-Strom1000 ABSは軽量10本スポークアルミキャストホイールを採用。新たにチューブレスタイプのワイヤースポークホイールを採用したV-Strom1000XT ABSは、しなやかな乗り心地と軽快なハンドリングを両立。操縦安定性と優れたグリップ性能を発揮する。
ブラックアルマイト仕上げの直径43mm倒立フロントフォークとダイヤルアジャストのリヤショックアブゾーバーを備え、パッセンジャー乗車時や大きな荷物の積載時にも、安定感あふれるスムーズで快適なライディングを提供。

アルミ製ダイヤモンドフレーム

スリムで軽量なアルミ製ダイヤモンドフレームは、スムーズかつスポーティなハンドリングを提供する。アルミ製のスイングアームは、トラクション感を得やすい十分な長さを確保し、高い直進安定性とコーナリング性能を実現。タンデムや荷物積載時の高速走行にも高い安定性を確保している。

軽量な車体

Vツインエンジンのパフォーマンスと軽量な車体が高い次元でバランスし、軽快な取り回しと機敏な走りを提供するのと同時に、低燃費にも貢献している。

快適なライディングポジション

十分なレッグスペースとアップハンドルによりリラックスしたライディングポジションを実現し、長距離でも疲れにくく走破することが可能。

/motor/