スカイウェイブ650LX

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

Utility ホスピタリティの精神をすべてに。

グリップヒーター

寒い季節の運転時に手元を温める、全周タイプの「グリップヒーター」を標準装備。グローブをしたままでも操作がしやすいプッシュボタン式スイッチを採用ています。グリップヒーターが指先を温めるので、マニュアルモード時の変速やブレーキなどの操作を快適にサポートしてくれます。

シートヒーター / ライダーズバックレスト

寒い季節に活躍する「シートヒーター」を標準装備。サーモスタットによる自動温度制御式で使い勝手が良く、フロントパネルに設置したスイッチで、「ライダーシートのみ(F)」、「ライダーシートとタンデムシート(F+R)」、「オフ」の切替が可能です。レバーの操作だけで前後50mm、5段階の調整が可能なバックレストを装備しています。

●走行中にスイッチを操作しないでください。●エンジンが停止しているときは、スイッチを切ってください。バッテリーあがりの原因となります。●写真は前後調整時のイメージです。

電動式可動スクリーン

走行時の風圧を低減する電動式可動スクリーンを搭載。右側ハンドルスイッチの操作で95mmの幅で上下無段階に調節可能。ライダーの体型やポジション、走行状況に合わせて、より快適なライディング環境を実現します。

●写真は上下調整時のイメージです。

カットフロアボード

ライダーの足が路面をとらえやすいように左右の足元付近を絞り込んだデザインを採用。シート高760mmのシートとともにゆとりある足着き性を実現しています。

S.A.I.Sトランスポンダー式イモビライザー

イモビライザー機構「S.A.I.S※1」を標準装備。オーナー所有のマスコットキーに内蔵されたICチップによってIDコード照会を瞬時に行うことでキーシリンダーの破壊やキーの複製などによる不正操作時には燃料噴射・点火をカット。エンジン始動を不能とし車両盗難を抑止します。

※1:SUZUKI ADVANCED IMMOBILIZER SYSTEM

ブレーキロックレバー

後輪ブレーキのロックと解除ができるブレーキロックレバーを運転席左側に装備しました。

私の“時間”を創り出す。

インストルメントパネル

シルバーリングで囲まれた高級感のあるメーターは、おちついた大人の雰囲気を演出するためスピードメーターとタコメーターはアナログ式を採用。マルチファンクション液晶にオドメーター、ツイントリップメーター、燃費計、燃料計、水温計、外気温計、時計、オイルチェンジインジケーター、シフトモードインジケーターなどの情報をわかりやすく配置し、視認性の高い表示となっています。燃費の良い運転をひと目で確認することができるエコドライブインジケーター※2をタコメーター内に装備。燃費がよい運転状態になると点灯。※3 エコドライブの目安として、燃費の良いスロットルワークを促し、燃費の向上をサポートします。また、フリーズインジケーター※4により外気温、路面状況等の目安を知ることができます。

※2:ドライブモード時のみ点灯。 ※3:エコドライブインジケーターは燃費の良い運転をしているときに点灯することで燃費の向上を補助するものであり、燃費を向上させるものではありません。 ※4:フリーズインジケーターは、外気温が3℃を下回ると点灯。5℃を上回ると消灯。

シート下トランクスペース

フルフェイスヘルメット2個を収納しても余裕のあるキャパシティを確保したシート下トランクスペース。※5 シートオープンと同時に点灯する照明付きなので夜間の使用にも便利。照明はON/OFFスイッチでの任意点灯も可能。シートを閉じれば自動的に消灯します。

※5:容量50L、最大積載許容重量10kg
●形状・大きさにより収納できないヘルメットもあります。●熱の影響を受けやすいもの、壊れやすいもの、貴重品・危険物などは入れないでください。●写真中のヘルメットは撮影用に用意したものです。

フロントコンパートメント

フロントパネル内に3つのコンパートメントを装備。ロック付きの大型タイプ※6をひとつ、小型タイプ※7を左右に、それぞれレイアウト。小物やグローブなどの収納に活躍。大型コンパートメント内には携帯電話などの充電に便利なDCソケット(DC12V)を装備しています。

※6:容量7.2L、最大積載許容重量1.5kg
※7:容量1.4L、最大積載許容重量0.5kg
●熱の影響を受けやすいもの、壊れやすいもの、貴重品・危険物などは入れないでください。●写真中の小物類は撮影用に用意したものです。

/motor/