算出根拠

業界統一テスト条件の

  • A/1kmを15km/h=4分
  • B/1kmを10km/h=6分
  • C/1kmを15km/h=4分
  • D/1kmを20km/h=3分

計4kmを17分で走行した場合、パワーモードで30km走行可能な車種が4kmを走れる回数は7.5回(30km÷4km)。1回(4km)での走行時間は17分のため、30kmでの走行可能時間は127.5分(17分×7.5回)。液晶画面には127分の残り走行時間を表示。

  • 残り走行可能時間は、余裕を含んで算出した目安の値です。実際の走行距離や走行時間に比例するものではありません。
  • 値は、バッテリーが劣化していない場合の表示です。バッテリーが劣化すると、満充電状態でも残り走行距離や残り走行時間の初期表示値は小さくなります。
  • 上図は、内装3段シフトを搭載した車種の測定方法です。

走行距離の目安は次の条件で測定しています。

  1. 環境温度は20±5℃、無風の状態
  2. バッテリーは新品を用い、バッテリーライトは消灯状態
  3. 車載重量(乗員と荷物の合計)は65kg
  4. 路面は乾燥した平滑な路面
  5. タイヤ空気圧は標準空気圧
  6. シャーシダイナモ(室内計機)による計測
  • 実際の走行距離は、気象、道路、整備、乗り方等の条件により短くなります。
  • ペダルが重くなる使い方(坂道や荷物が多い時)ほど、バッテリーは早く消耗します。走行条件に合わせて変速機をご活用ください。