二輪車トップ > 隼MEETING 2015 in 竜洋 > イベントレポート
菜種梅雨の続く4月12日、隼オーナーの熱い想いが天に届いたのか好天に恵まれ、第1回 「隼ミーティング2015 in 竜洋」が開催されました。
場所は、「隼」生誕の地、静岡県磐田市のスズキ株式会社 二輪技術センター 竜洋コース。500台を超えるバイクと700名以上の方が来場。熱い一日となりました。

続々と集まる隼!

午前10時には続々と隼が集まり、開場を30分早め受付開始。受付では隼ロゴ入りサイドスタンドホルダーをプレゼント!

開会宣言!

株式会社スズキ二輪 濱本英信社長から「隼 生誕の地、竜洋へようこそ!」の開会宣言に始まり、スズキ株式会社 取締役専務役員 望月英二より、この竜洋コースが隼を作り上げたことを紹介しました。

竜洋コース体験バスツアー

竜洋東コースを巡る体験バスツアーを開催しました。

隼トークショー!

スズキMotoGPマシン「GSX-RR」開発ライダーで、初代「隼」オーナー代表の青木宣篤選手と、元世界耐久チャンピオン、二代目「隼」オーナー代表の北川圭一選手が進行役となり、スズキ開発陣を迎え熱いトークショーを展開!

隼オリジナルTシャツに長蛇の列!

隼オーナーのお目当てはこれ?!
隼オリジナルTシャツに開場直後から長蛇の列ができました。

賑わった物販ブース

隼オリジナルグッズの販売ブースを始め、オートリメッサ、ヨシムラジャパンが出店。
さらにご当地グルメなどのケータリングでおもてなししました。

今日の一番さん表彰&じゃんけん大会

お客様の中から様々な「今日の一番さん」を表彰。まずは、一番遠くから来た方「東日本」は、群馬県館林市の大関さん。一番遠くから来た方「西日本」は、福岡県北九州市の椋野さん。そして最年長は愛知県東海市の西川さん66歳、最年少は愛知県豊橋市の昇さん20歳でした。

そして、大盛り上がりのじゃんけん大会。青木選手、北川選手からゲットしたライディングジャケットには、しっかりサインを入れてもらいました。

また来年、お会いしましょう!

最後は、みんなで集合写真!
ご来場された隼オーナーから「楽しかった!来年もぜひ来たいです!」「隼オーナー同士が触れ合う場ができて、うれしかった!」など、数多くのコメントをいただき、隼生誕の地を後にしました。
集合写真
イベントスナップ