マリントップ > インフォメーション | 2017.9.20

インフォメーション

新型フラッグシップ船外機「DF350A」が
アメリカマリン工業会の2017年技術革新賞を受賞。

 

 

最高出力350馬力の新型フラッグシップ船外機「DF350A」が、アメリカ・フロリダ州で開催されている「国際ボートビルダーショー*1」において、アメリカマリン工業会*2 より「技術革新賞(2017 IBEX Innovation Award)」を受賞しました。
技術革新賞は、マリン産業における新製品のうち、先進的で優れた技術を備え、実用的かつ費用効率が高く、真に消費者の利益となる製品に与えられるマリン技術界最高の賞です。

受賞した「DF350A」の優れた特長は以下の通りです。

  • スズキ船外機で初採用となる二重反転プロペラ「スズキ・デュアルプロップシステム」により、高い走行性能と直進安定性を実現。
  • 新型の排気量4,390cm3 4ストロークV型6気筒エンジンは、外部の冷気を効率的にエンジン内部に取り込むスズキ独自の機構「ダイレクトインテークシステム」や「デュアルルーバーシステム」を備え、コンパクトながら優れた出力性能を発揮。
スズキ4ストローク船外機の同賞の受賞は、船外機メーカーとして最多の8回目となり、スズキ船外機の高い技術力が認められました。
「DF350A」は主に大型のフィッシングボートやクルージングボートなどに搭載される。2017年7月にアメリカ、9月に日本で販売を開始しており、欧州をはじめ世界各国で順次発売していきます。
 *1 国際ボートビルダーショー ( IBEX:International BoatBuilders’ Exhibition & Conference)2017/9/19~9/21 フロリダ州タンパにて開催
 *2 アメリカマリン工業会 ( NMMA: The National Marine Manufacturers Association ) は、北米のレジャーボート業界の主要な協会。